3年ぶりの秋の味覚

最近は朝夕がめっきり涼しくなって過ごしやすくなりました。昼間は少し動くとやっぱり暑くて汗をかくくらいだけど、気温は30℃を超えていないから秋は確実に進んでいます。

母は、そんな朝の涼しい間に畑に行くようになったみたいで、先日は「庭の柿は、上の方はもう色づいているから採れるんじゃないかい」というようなことを言っていました。畑への道は家の屋根より高い位置にあるので、庭の柿も上から見下ろせるからでしょう。下からだとまだ青々としているのが殆どで、多少色付き始めたかなぁというのが数個しか見えませんけどねぇ。

このブログで柿の話題をとりあげるのも毎年10月に入ってからだし、まだ早いだろうと思いつつ梯子を立てて上の方を見てみました。すると、確かに美味しそうに色付いた実がありました。
20180922_kaki01.png

初物なので直ぐに食べるのではなく、仏壇に供えてからです。そもそもこの柿の木を植えた人が仏壇の中ににいらっしゃるのでねぇ…。
昨年と一昨年は連年で"収穫0(ゼロ)"だったので、3年ぶりの秋の味覚です()。この柿はとても甘いので、それも変わってなけりゃいいですけどねぇ。

それにしてもこの時期に柿が採れるのは早すぎるような気がします。今年は梅雨明けが早かったのと酷暑が続いたのが影響しているのでしょうか?地面には10個以上の実が落ちて腐ちていましたが、小さいのばかりなので太る前に風で落ちたのでしょう。それでも今年は結構な数の実がまだまだ付いているし、葉に隠れて下からは見えなかったのは色付きも進んでいるので収穫時が楽しみです。
20180922_kaki02.png

毎年、柿の記事はまとめて収穫した時に書いているので今年は随分と早い柿ネタになりました。後日、ある程度の数が揃った時にまた書こうと思います。

傷の手当とメビウスの輪

先日、犬小屋の廻りの柵を修繕しました。グウ()は、少しでも隙間を見つけると脱走を試みて頭でこじ開けたり、古くなった木板など咥えて引っ張って割ってしまうので応急処置で凌いでいました。一日にやるのが少しづつなので3日がかりだったものの、キッチリ直ったので暫くはグウも大人しくしているでしょう。

道具も色々と使ったからか、その後に右手の甲(親指と人差指の付け根の間)にアズキ豆程の水ぶくれが出来てしまいました。皮を剥いで薬を塗ったものの、場所が悪かった。ペンや箸を持つ時にちょうど当たる箇所なので、それらを使う度に当たって痛いったらありゃしない。市販のバンソウコウを貼っても、身体の中でも最も動かす部分なので直ぐに禿げてしまうのです。何かで押さえておけば良いけれど、包帯をグルグル巻くのも大げさだしそれらしいサポータも無いので幅広のベルトを作ることにしました。

 <傷の箇所>
<目論んでいるベルトの装着状態>

まず、手首を一周して親指と人差指の付け根の間に掛かるように紐を廻して長さを測定し、伸縮性のある布をそれよりはやや短めに切りました。ベルト状になった布の両端を縫い合わせればOK。

だったはず、、、

いざ装着してみると、どうやっても一箇所でひねりが入るんですなぁ。疑問に思いながら縫い合わせを一旦解いてひねりが入らない状態で装着し直し、接合部分が離れないように外してみると判りました。最初から一旦ひねりを入れて縫い合わせれば良いのです。判ってしまえば簡単な事ナリ。

<装着状態>
20180919_kizu03.jpg

表裏の分かる紙で確認すると次のようです。
1,通常の輪だと、ひねりが入る。
20180919_mebius01_A.png

2,一回ひねってからだと、ピッタリ。
20180919_mebius02_B.png

3,このまま取り外すと…
20180919_mebius05_C.jpg

おぉ、これはかの有名な『メビウスの輪』ではありませんかこんなところで出会うとは思ってもおりませなんだ、…と言いたいところ。でも、厳密には表裏がない帯で数学的には向き付け不可能性という特徴を持つメビウスの輪(帯ともいう)は、接続時に180度もしくはその奇数倍を回転させたもの。今回は360度回転させているので表裏がありますねぇ。

実際に180度のひねりで作った本物の『メビウスの輪』とはこんなんです。違いが判りますでしょうか。
20180919_mebius06_D.jpg

まぁ、メビウスの輪を語り出せばキリがないけれど、その名前で思い出したのは初めて買ったノートパソコンがシャープ製の「メビウス」という名で宣伝にメビウスの輪が使われていたこと。ネーミングの由来を随分調べたものです。今では、煙草の銘柄にも採用されていますねぇ(どんな関係があるのか知らんけど)。さらには、肩甲骨をポッキリと折った時に使った矯正ベルトがそうだったなぁ。たすき掛けのようにして使っていたのはメビウスの帯の"ような"状態でした。

日本では昔から馴染みのあるたすき掛け。これを江戸時代に平賀源内あたりが解析していたら、1858年発見の「メビウスの輪」に先駆けることになって「源内の輪」という名になっていたかも知れないなぁ、と思った一件でした。

長寿者番付と祝う人

明日9月17日は『敬老の日』で3連休です。

かつて敬老の日と言えば9月15日と決まっていたけれど、平成15年から9月の第3月曜日となりました。しかし、今でも9月15日は「老人の日」となっており、自治会でも"敬老祝賀会"が開催されたようです。母も出席したようで、帰りには記念品やら食事の持ち帰り分やらを持ちきれないということで他の人に持ってきてもらっていました。

この日の記念品とは別に、町からは祝賀金が支給されています。"敬老年金"というそうだけど、それを自治会長が配りに来た時、母が留守だったので私が代理で受け取りました。「こういうのをいつまで受け取れるんでしょうかねぇ?」というと、「上には上がおらすけんまだまだ頑張ってもらわんば!」とか言っておられました。自治会内には母より年長の人が一人いて、町内では90人以上いるそうです。

今月の町の広報に長寿者番付なるものが載っているそうなので見てみました。
20180916_keiro01.png
(広報誌より一部抜粋)

佐々町内には75歳以上が1,750人いて、この番付には94歳以上が100人載っていました。100歳以上が9人いて全て女性ですなぁ。男性は99歳が最高で、100人中では12人しかいませんワ。ちなみに第3位の103歳の方は母の知人で、いつも話題にする預かっている畑の所有者です。

「いつも年寄りを祝う方だったのに、いつの間にか祝われる方になってしもた…」とは母の弁。誰だってそうなるんでしょうねぇ。最近の自治会は、その祝う人が4・5年前に比べて随分増えたようです。家が建って転入世帯が多いからでしょう。

それで助かるのが4年に一度の「おくんち当番」の際の行列参加人数合わせ。今年の"おくんち"は所属自治会の担当で、これまで全世帯に行列の担当がくじ引きで割り当てられていたものの、母は当然参加できないので他所の人を雇っていました。ところが今年からは人はいるからということで「割当免除」になったようです。

その「くんち」は来月8日に予定されていて、もうポスターが貼りだされていました。
20180916_keiro02.png

ガラス張りの掲示板のを撮ったので反射光が邪魔でイマイチ。祭りが近くなったら別のを撮り直して掲載します。

Chrome最新版と隠れ技

先週、Chromeが更新されてバージョンが69になりました。リリースされた9月4日はChromeの誕生から10周年にあたり、それを記念した大幅なバージョンアップになったそうです。昨日確認したら、Windows7のは自動更新されていたものの最近めっきり使用頻度が減ったWindows10の方はまだだったので手動での更新を実施。

確かに、見た目からして随分と変わりました。
20180913_chrome_01.png

タブやオムニボックス(検索枠)が丸みを帯びたデザインになっているのに加え、"新しいタブ"にショートカットを配置しているのが円形になっています。

ちなみに、以前はこんなんでした。
20180913_chrome_old.png

オムニボックスで語句を入力すると、検索内容によっては検索候補の表示だけで情報が得られるようにもなりました。例えば、"忖度"の意味を調べようとすると、漢字の確定以前に意味が表示されます。なかなか便利ですねぇ。
20180913_chrome_search.png

他にも色々と変更があるようです。
それを紹介するWebサイトを見ていたところ、記事の横にこんなタイトルのTipsが目に止まりました。
『縦に長いWebページ全体のスクリーンショットを撮る方法』
これまでWebページのスクリーンショットを撮るのはWindows付属アクセサリの「Snipping Tool」を使っていて、画面に表示されているうちの全部かウィンドウ単位か選択範囲かのいずれかでした。それがスクロールした先の画面を含めて全体がGetできるというものです。

方法は以下のとおり。
1,画面右上にある[Google Chromeの設定]→[その他のツール]→[デベロッパーツール]と進む(もしくはShift+Ctrl+i)

2,デベロッパーツールの左上の[toggle device toolbar]をクリック
20180913_chrome_tech1.png

3,画面の上部にWebページを表示するブラウザーの種類やサイズが表示されるので、右端の[More options]をクリック。ここで、[Capture full size screenshot]を選択するように案内されていたけれど失敗。そこで、全体が表示される状態(100%→50%)にしてから[Capture screenshot]を選択すると成功。
20180913_chrome_tech2.png

まぁ、ここまで深いところにある機能だと教えられない限り判りませんねぇ。
記事には関連する技として、FireFoxの場合はアドレスバーの右端にある「...」をクリックして「スクリーンショットを撮る」を選択すると「ページ全体を保存」か「表示範囲を保存」かが選べるということも紹介されていました。
ここにきてようやくLinux MintでデフォルトにしているVivaldiを確認したら…
20180913_chrome_tech3.png

「灯台下暗し」とは全くこのことですな()、ちゃんとその機能がある。確か、最初の頃に確認して以降は「使うことは無いだろう」ということで失念していたんでしょう。これまで一画面に収まりきれない場合は、スクロールして複数のキャプチャを行ってから画像を切り貼りして対応していました。その時にChromeのこの技やFireFoxの機能を知っていれば、もしくはVivaldiでの確認をしていれば苦労しなかったのになぁ。

Chrome10周年ということですが、このブログをやりだした頃のChromeのバージョンは「7.0.517.44」でした(2010年末時点)。その前年のブラウザシェアは僅か3.69%で、現在のように65%(2018.8時点)を超えるまでになるとは思ってもいませんでしたねぇ。その頃は検索結果の文字化けで悩まされたもののメインのFirefoxからの「乗り換え」をほのめかしていて、今はまさにそうなりました。

「アドオンの豊富さ、そしてプラットホームを選ばずしかも相互に連携される」というのが最近の人気要因だと思われます。

隣町の温泉

先日、佐々インターチェンジ近くのコンビニに久しぶりに立ち寄りました。ここは場所柄なのか、観光案内のコーナーが在ってパンフレットが置いてあります。
20180910_onsen01.jpg

といっても、前回見た時には佐々町内のものは無くて平戸のばっかりでした(上の写真も2年前のもの)。今回も同じだろうと思いつつ見てみたら、平戸のガイドマップに混じって隣町の「鹿町温泉」を紹介するパンフレットがありました。
20180910_onsen02.jpg

観光地ではないけれど、「保養所」という扱いで置いてあるのでしょう。パンフレットを見たのは初めてだけれども、この温泉には大阪の息子が来崎した際に案内がてら一緒に行って入ったことがあります。お盆の時期だったからか結構な人で賑わっていたようないなかったような…。記憶が曖昧なので記録を見たら2011年8月でした。ということは、もう7年前ですワ。

パンフレットの内容は以下の通り。
【外】

【内】
(外/内ともにクリックで拡大)

効能からして"美人の湯"と呼ばれているらしいので、興味の在る方は近くに行かれた際に立ち寄ってみてはどうでしょうか。

ここは昔からある温泉ではなく、隣の鹿町工業高校敷地で温泉が湧出したのが平成8年で、5年後の平成13年に『鹿町温泉やすらぎ館』として開館しています。
当時は佐世保市と合併する前で、一つの町の施設として温泉が出来たというのは近隣の町としては羨ましかったんでしょうねぇ。平成16年には佐々町の東隣りの世知原町でも山の中に温泉が出て「世知原温泉くにみの湯 山暖簾」というのが出来ました。
「では、佐々町でも!」となるのは佐々の住人なら誰しも考えること。実際に、MR小浦駅の側にある「サンビレッジ佐々」というスポーツ施設の隣の干拓空地で掘削が行われました。運良く水脈に当ったものの、湯量が少ないので温泉ではなく"温浴施設"になるときたもんだ()。別の温泉地から湯を運んで沸かすなんて話になったからで、それじゃあ意味が無いし採算がとれるはずもないので断念するしかなかったのです。

これは私がブログをやり始めて直ぐの事だったと思って過去ログを探したらやっぱり書いていました。
⇒2010.12.15 町の温浴施設
出来るのを随分と期待しているような事でした()。

これからの季節、湯船に浸かりながら紅葉を眺めるのは格別です。大阪に居た頃は、毎週のように新たな温泉地を求めてツーリングしていたのが懐かしい…。

ちなみに、一緒に置いてあった平戸の観光地図はこれです。
 (クリックで拡大)
ただいまの時刻
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

プロフィール

syugoo

Author:syugoo
佐々はいいところ。
大阪からUターンして故郷の空気を満喫しています。

最新記事一覧
3年ぶりの秋の味覚 2018/09/22
傷の手当とメビウスの輪 2018/09/19
長寿者番付と祝う人 2018/09/16
Chrome最新版と隠れ技 2018/09/13
隣町の温泉 2018/09/10
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード