衆議院議員選挙の投票日

本日は「第48回衆議院議員総選挙」の投票日で、私は午前中に投票を済ませました。
20171022_senkyo1.png

数日前から「台風が接近しているので前倒しで投票を行うところもある」とのニュースも流れていました。選挙投票日の天気が投票率に影響を与えるので、与野党ともに気になるところでしょう。一昨日のbloombergのweb版でその辺りの事を書いていました。

・悪天候なら投票率が下がり、組織力のある与党に有利というのが通説
・過去15回の衆院選で投票率が高かった上位3回は「曇り」の日
・台風や雨など悪天候の日は軒並み投票率が下がる
・晴れの日は行楽に出掛けやすいので投票所から足が遠のく傾向にある

要するに、「天気が良いか悪いかどちらかの極端だと投票率が下がる」って言うことですねぇ。
さらに、情勢分析の報道が"今回の連立与党は300議席"というので自民支持者の間で「行かなくてもいい」と緩みが出る可能性があるのと、多少、天気が悪くても投票に行くのは安倍政権に不満を持つ有権者だから「悪天候のリスクは自民党の方が大きい」との見方が示されていました。仮に大雨が降った場合は立憲民主党や希望の党などの新党に関心を示している無党派層の投票行動が抑制されるとの見方もあるそうな・・・

投票率については、年齢別でも大きな差があるというデータもよく取り上げられる話です。
総務省のサイト内にその詳しいデータがグラフで掲載されています。

⇒トップ > 選挙・政治資金 > 選挙 >
   ニュース一覧<投票制度・選挙制度・啓発その他> >
      国政選挙の年代別投票率の推移について
URL:http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/

直近の第24回参議院議員通常選挙(平成28年7月)は、選挙権年齢が18歳以上へ引き下げられてから初めて実施された国政選挙で18歳の投票率は51.28%となっており20歳代及び30歳代の投票率に比べ高い水準を示しています。
一番高い投票率は60歳代の68.28%で、50・40・30歳と若くなるにつれて下がっています。政治に対する意思表明の機会である選挙の投票をどう捉えるかの問題でしょうかね。

ちなみに、私が長崎に転居してからは衆参選挙のどちらも3回実施され、全て投票しています。
【衆議院】
第47回 平成26年(2014)
第46回 平成24年(2012)
第45回 平成21年(2009)
【参議院】
第24回 平成28年(2016)
第23回 平成25年(2013)
第22回 平成22年(2010)

今回、初めて電話による投票意向調査なるものがありました。 あれこれ説明した後、「投票に行くなら"1"を、行かないなら"9"を、どちらとも言えないなら"0"を押して下さい・・・」と言って終わり。実はこれは留守電に入っていたのです。どれだけの質問があるのかはいつもの調査結果でおおよそ分っているので、実際に電話を受けていても最後まで付き合うことは無かったでしょう。

さて、投票したらしたで結果が気になるところ・・・。
今夜のテレビはどの局も選挙結果報道の一色のはずで、私は端から見る気はないけど、母のボヤキが聞こえて来そうな予感・・・・
20171022_senkyo2.gif
*これは前回の参議院選挙の時のもの。ウルトラマンが登場したのは、投票日が彼の誕生日だったからでした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ただいまの時刻
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

プロフィール

syugoo

Author:syugoo
佐々はいいところ。
大阪からUターンして故郷の空気を満喫しています。

最新記事一覧
秋ジャガイモの収穫 2018/12/16
転禍為福 2018/12/13
行政のSNS 2018/12/10
大雪と干柿と鳥除け 2018/12/07
Linux Mintの再インストール 2018/12/04
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード