京都での学生時代を思い出す品

先の日曜日、稀にしか使わないものを収納している棚を整理していたら、懐かしい物がでてきました。
20171108_bag1.png
20171108_bag2.png

これはベルトに通してぶら下げる腰袋で、タバコ入れにしていたのを2006年にバイクツーリングで大阪から長崎へ帰省した際に忘れて帰ったようです。ツーリング途中の宿で無くしたと思っていたのに、今時出てくるなんてなんだかなぁ・・・。大阪で生活していた時には携帯電話の入れものとしても使っていました。

これを見て京都で生活していた学生時代のことを思い出しました。
色使いからして軍隊で使うような物に見えるものの、買ったのは学生の頃で、1980年代に秘かにブームになっていた『一澤帆布』というブランドの品です。バッグ・リュック・サイフなどシャレたデザインなのに純日本風の布製ラベルが"見て下さい"と言わんばかりに縫いつけてあって、そのアンバランスが学生に人気でしたねぇ。品物はどれも結構いい値段だったので、アルバイトでお金を貯めて小さめのバックとこのタバコ入れを買ったのでした。品名は"腰袋"で、現在は5000円の値が付いております()。バックには布製ラベルがあったけれどタバコ入れは縫い付ける場所がないからかタグだけ・・・。バックの方はまだ大阪の家にあるはずだけどどうなったやら・・・。
20171108_bag3.png

時を経て、1999年からは仕事で大阪から京都に8年間通いました。その頃は製造元会社の相続問題やら意匠訴訟とかでごたごたして販売も中止になっていたように思います。ネットで見る限りはそれも今ではすっかり落ち着いているようですねぇ。ただし、ブランドとしては何種類かに分かれてあるようです。
頑丈な布(帆布)としっかりした縫製で出来ていて何十年使っても大丈夫なので、テントやリュックなど防災用品を始めとして多くの用途に使われてきた他、現代向けのおしゃれなバックの品揃えも豊富なのは変わりません。
ただし、手にとって確かめて買えるのは京都の直営一店舗のみです(通信販売あり)。
◆製品紹介⇒http://www.ichizawa.co.jp/products/

20171108_hanpu_L.png

布製ラベルにある「知恩院前上ル」というのは、東大路通りと知恩院道通りの交差点の北側ということです。買った当時に私がアルバイトをしていたホテルは「三条通花見小路西入ル」という所にあって、店へは徒歩10分の所でした。
所謂"花街"の裏通りを通って行き、学生の身としては場違いのような何とも言えない風情を感じたのを思い出します・・・。
20171108_map.png
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ただいまの時刻
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

プロフィール

syugoo

Author:syugoo
佐々はいいところ。
大阪からUターンして故郷の空気を満喫しています。

最新記事一覧
3年ぶりの秋の味覚 2018/09/22
傷の手当とメビウスの輪 2018/09/19
長寿者番付と祝う人 2018/09/16
Chrome最新版と隠れ技 2018/09/13
隣町の温泉 2018/09/10
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード