あっちゃん

先月の"ライフさせぼ"で「伝わらない佐世保弁 BEST5」なる記事が掲載されていました。



生まれ育った土地を離れて他所で暮らすと誰もが経験することです。「はわく・なおす」は私にも経験があるけれど、「おい」は自覚していたので「俺」と言うように意識しました。でも、記事内のエピソードは笑えます。そりゃ「お芋お芋!」って聞こえますねぇ。

そんな言葉の中にランクインはしてはいませんが、今回取り上げる"さざんことば(方言シリーズ)"は『あっちゃん』。



人の名の愛称っぽくて。実際に検索すると前田敦子が出てくる。名の頭文字時が"あ"だとみんなそうですね。そういう意味では私の母も「あっちゃん」だわ()。

意味する所は「あちら」で方向や位置を示します。「あちら、こちら、そちら、どちら」は「あっちゃん、こっちゃん、そっちゃん、どっちゃん」となりますね。
例:「今日はあっちゃんこっちゃん連れ回さたばってん、明日はどっちゃん行くと?」
⇒「今日はあっちこっち連れ回されたけど、明日はどこに行くの?」

似たような言葉で「近所の店にはないのがコンビニにはあっちゃん」と言うのは、「在るんだ」だし、「付き合いだして10年目でやっと結婚するっちゃん」は「結婚します」で、「〜なのだ」を意味します。
このように語尾に「ちゃ*」を付ける言い回しが結構多い気がします。
「今度の選挙には出るちゃろもん(出るんでしょ)」とか「するなと言うのにするちゃんば(するのよねぇ)」とか「ほんなこっちゃん(本当です)」等々。

以前、方言シリーズでは同じような使い回しの言葉で「あいこいそい」というのを取り上げました。これは似ているようでも非なるものです。使い慣れて「恋は I don't Know?」と老人に聞かれても、ちゃんと(?)答えられれば町内の"お達者クラブ"に入ってやっていけます。

今回は「方言は"ちゃん"と使おう!」ということでした、チャンチャン♪

◆「恋は I don't Know?」とは・・・ ←クリック


◆これまでの【さざんことば】 ←気が向いたらクリック


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ただいまの時刻
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

プロフィール

syugoo

Author:syugoo
佐々はいいところ。
大阪からUターンして故郷の空気を満喫しています。

最新記事一覧
3年ぶりの秋の味覚 2018/09/22
傷の手当とメビウスの輪 2018/09/19
長寿者番付と祝う人 2018/09/16
Chrome最新版と隠れ技 2018/09/13
隣町の温泉 2018/09/10
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード