雨水に空から降るもの

暦では今日から二十四節気の候が変わって「雨水(うすい)」(2/19〜3/5)。


陽気地上に発し雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧)


「空から降るものが雪から雨に替わる頃、深く積もった雪も融け始める。春一番が吹き、九州南部ではうぐいすの鳴き声が聞こえ始める。」とのこと。

九州北部の春一番は先週14日に観測され、それ以降は気温も高めです。しかし、雪が雨に替わるとのことでも空から降ってくるものは雨だけではありません。

この頃からは"スギ花粉"が降ってきますねぇ。
日本気象協会によれば明日20日からシーズンインで、花粉飛散予測だと九州では例年並みでそれ以外は前シーズン比と例年比ともに「非常に多い」という予想が出ています。毎年のことでも、多いよりは少ないほうが良いに決まっております。だからといって、何か特別な対策をする訳でもないんですけどね・・・。なんとかスギ花粉のシーズンを乗りきったらその後のヒノキ花粉の影響は違いが判らないまま終わってしまいます。

昨年の花粉シーズン真っ只中の時、スギ花粉避粉地ツアーのことやペットボトルを使った鼻詰まり解消法に書いています。
⇒2017.3.24 花粉症とペットボトル

そのツアーについては、今年も2月16日の長崎新聞(web版)でニュースになっていました。平戸市的山大島(あづちおおしま)での2泊3日で参加費は1万2千円、専門医による花粉症講座もあるらしいけれど、参加するのは余程重傷の人だろうと想像します。ただ、それはきっかけであって最終的には「移住者を呼び込みたい」というのが主催者の思惑だそうです。
江戸時代の伝統的家屋や元寇関連の史跡などの観光資源があるうえに、何といっても玄界灘の新鮮な魚を味わえるのが一番、・・・なんですと。人口減少で空き家が多いだろうから移住ではなく別荘代わりにして花粉シーズンだけ刺身三昧の日々を過ごす、なんて事を考えるのは私だけだろうか()。

雨と花粉以外にもう一つ空から降ってくるもがあります。それは「PM2.5」。
大気中に浮遊している微小粒子物質のことで、吸い込むと肺の奥まで入りやすく肺がんやぜんそくを引き起こす危険性があると言われています。テレビ・ラジオの天気予報の最後には必ずこのPM2.5の観測値が出てくるけれど、いつ頃からかと思って調べてみたら日本では2009年にPM2.5の環境基準が出来上がり2013年あたりから頻繁に取り上げられるようになったらしい。モノ自体はそれ以前の高度成長期からあったものの、俄然注目されたのは中国から飛来するようになってからですねぇ。中国の経済成長とともにその量は増え、自国内のみならず日本にまで影響が及んでいました。

と、過去形なのは現在はそれが目覚ましく減少しているとの話だからです。
それはNASA地球天文台の観測衛星の分析写真を見ると一目瞭然ナリ。
20180219_pm25.png

国を挙げての対策が効を奏したと喧伝されています。しかし、法律で石炭を燃やす事を禁じられたため、暖房を石炭に頼っている庶民(特に農村)は寒さに凍えているとかいないとか・・・。まあ、中国らしいと言ってしまえばそれまでですな。

ちなみに、日本国内でのPM2.5のリアルタイム値は「ハザードラボ」のサイトで確認できます。
ハザードラボ(http://www.hazardlab.jp/?map=pm25)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
ただいまの時刻
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

プロフィール

syugoo

Author:syugoo
佐々はいいところ。
大阪からUターンして故郷の空気を満喫しています。

最新記事一覧
秋ジャガイモの収穫 2018/12/16
転禍為福 2018/12/13
行政のSNS 2018/12/10
大雪と干柿と鳥除け 2018/12/07
Linux Mintの再インストール 2018/12/04
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード